仮想通貨の利用やセキュリティ対策に不安がある方を対象とした情報サイト

誰にでもできる即効性の高いセキュリティ対策

今すぐできる仮想通貨のセキュリティ対策

仮想通貨のセキュリティ対策と言われても何をすればいいのか分からない方、もしくは基本的なネットセキュリティ対策しかとっていないという方も当然おられることでしょう。

そこで、今すぐ実行可能な仮想通貨のセキュリティ対策を二つほど提示いたします。

一つ目は、複数のメールアドレスの確保です。
これは、メールアドレスとそのパスワードの流出による、情報漏洩のリスクを分散するために有効なセキュリティ対策で、メールアドレスやパスワードが流出した際の被害を最小限にするために、取引所ごとにメールアドレスを用意する手法となります。

二つ目の対策は、パスワードの管理方法のアナログ化で、こちらはパスワードをパソコンではなく紙等でアナログに管理する手法で、物質的な盗難やパソコン内蔵カメラの乗っ取りを除けば、極めて安全性の高いパスワードの保管方法です。

仮想通貨を守るためのセキュリティ環境構築

本格的に仮想通貨の盗難対策を考えるのであれば、メールアドレスやパスワードの流出を防ぐだけでは不十分です。

より効果的なセキュリティ対策環境の構築についても考えてみましょう。

まず、考えられるのは複数認証で、主に二段階認証が主流ですが、これは通常の認証に加えて、ワンタイムパスワードの入力を加える手法で、ユーザー側の管理ミスや、物理的な盗難を除けば、安全を担保しやすい手法となります。

次いで、物理的なセキュリティ対策として、仮想通貨取引に利用するパソコンのUSB端子およびパソコン内蔵カメラの封鎖です。
この手法は、パソコンの機能が制限されるというデメリットを伴いますが、USBメモリによる情報のコピーや、ウィルスによるパソコン内蔵カメラの乗っ取りといったリスクに対して効力を発揮します。