仮想通貨のセキュリティーって大丈夫?

仮想通貨の利用やセキュリティ対策に不安がある方を対象とした情報サイト

仮想通貨の定義と防犯不足の招く危険

仮想通貨は実体こそないものの、貨幣と遜色ない財産価値を持つ資産の一種であるがために、現金同様の窃盗のリスクがある上、その窃盗行為が電子上で行われることから、実体のある貨幣とは全く異なるセキュリティ対策が求められます。

とはいえ、具体的にどのような形でリスクが存在するのかを理解しなければ、仮想通貨に対するセキュリティの重要性は理解し難いものがあります。

具体的な脅威について知ることで、仮想通貨に対するセキュリティ対策の必要性を理解していきましょう。

最もポピュラーな脅威として挙げられるものが、マルウェアです。
マルウェアはコンピュータウィルスをはじめとした、有害なプログラムの総称で、感染経路としては、Webサイトの閲覧やメール、外部記憶媒体などが想定され、感染した場合、仮想通貨を盗まれたり、データを人質として身代金として仮想通貨を要求されたりする他、パソコンの計算能力を利用して行われる仮想通貨獲得手段の一つである、マイニングにパソコンの計算能力を利用されたりといった具合で、対処法としてはウィルス対策ソフトの導入や、コンテンツブロックアプリの使用が想定されますが、一部のマルウェアはウィルス対策ソフトをすり抜けることもあり、必ずしも安全ではありません。

また、マルウェア感染以外にも仮想通貨取引所に対するハッキングも仮想通貨を盗まれる直接的な原因となり得ますが、こちらは個人のセキュリティ対策では対処のしようがありませんが、セキュリティが信用できる仮想通貨取引所を選んだり、複数の仮想通貨取引所の利用したりすることでリスクを分散することが可能です。

このようにマルウェアやハッキングによる仮想通貨の窃盗は様々な手段で行われることから、仮想通貨のセキュリティ対策は不可欠であることは明白です。

仮想通貨に対するセキュリティ対策の必要性

仮想通貨の基本定義を発信し、仮想通貨のセキュリティ対策を行う意義を広めると共に、セキュリティ対策を怠った場合に生じる、各種リスクについて周知することを目的として、仮想通貨に関する基本情報とセキュリティ対策を怠るリスクを簡易にまとめたページです。

誰にでもできる即効性の高いセキュリティ対策

本項においては、基本的な仮想通貨のセキュリティ対策のうち、パソコンの基本的な操作技能と基礎的な知識があれば比較的簡易に対応可能でありながら、即効性の望めるセキュリティ対策と合わせて、物理的な面も含めたやや本格的なセキュリティ対策についても幾つか提示しています。

より効果的なセキュリティ対策を施す

より効果的な仮想通貨のセキュリティ対策を行うための一助となるべく、セキュリティソフトおよびアプリの有効性を提示しつつ、それらを踏まえた、堅実なセキュリティ対策を行うために、デジタル的セキュリティ対策と、アナログ的セキュリティ対策を組み合わせる有用性について述べています。